毛深い子供の原因ってなんだろう?

子供が毛深くなるケースでいちばん多いのはやっぱり遺伝的なものが多いようですね。お父さん、お母さんが毛深い、またはおじいちゃん、おばあちゃんが毛深いなど隔世遺伝でも毛深いことが多くなるみたいです。

 

遺伝での毛深さを治すことはなかなか難しいようですが、思春期になると、特に女の子は女性ホルモンの分泌が急激に増えることで気になるムダ毛が薄くなっていく可能性はあるようです。
ですから小学校の低学年くらいで毛深いことでお悩みであれば思春期になるにつれ改善していく可能性もあるようですよ。

 

ただ、多のう胞性卵巣(男性ホルモンの分泌が増加する)や特発性多毛症(ホルモン量ではなく男性ホルモンの影響を過敏に受けムダ毛が増えてしまう)などの症状が原因のこともあるので心配のようであれば一度しっかり病院で検査を受けることも1つの解決策になると思います。

 

毛深い子供の対策でやってはいけないこと

子供が毛深いと、そしてその悩みが大きいと何とかしてあげたい!と思うのは親として当然の気持ちだと思います。が、その対策を間違えるとさらに毛深くなる可能性があるので注意が必要です。

 

いちばん注意したいのが肌への刺激を与えること、です。
カミソリやシェーバーや毛抜きなどを使ったムダ毛の処理や脱毛クリームや除毛剤なども肌への刺激となってしまいます。カミソリや毛抜きを使ったムダ毛の処理は諸説あるのですが、実は毛の断面が広くなっただけで毛が濃くなることはない、などど書いてあるものもあるのですが、そうでもないらしいです。

 

実は刺激を受けたムダ毛は太くなって濃く見えることがあるという実験結果もありますし、子供のころにカミソリで処理していて大人になったら毛が濃くなった、などの体験談もよく見かけます。また肌がボロボロになってしまいムダ毛だけでなく肌へのトラブルも抱えてしまう原因にもなってしまいます。

 

ですから子供が毛深いことで悩んでいたとしてもすぐに効果があるからといってカミソリや毛抜きなど肌への刺激があるものは避けた方がいいでしょう。間違ったムダ毛の自己処理は子供の将来も悩みの原因となってしまいますので、すぐに効果があるから、という理由だけでなく先のことも考えてあげましょうね。

 

⇒肌への刺激ゼロ!子供にも安心して使えるムダ毛対策はこちら